雨蛙果樹園

ベリー好きのケロ鱒が、果樹園の開園を目指して悪戦苦闘。

Entries

ちょっと気になる事が

ネットでラズベリーの事を調べていたら気になる記事を発見。
ラズベリーとブラックベリーを一緒に植えるのは良く無いとの内容。
お互いが耐性の少ない病原菌の宿主となっていて、一緒に植えると病気にかかり続けるらしい。
ちょっと分りにくいので自分なりに解釈すると、
ラズベリーとブラックベリーはそれぞれが病原菌の宿主となっている。宿主という事なので発病することは無い。
しかし、ラズベリーの病原菌がブラックベリーに入ると発病する。そして逆も同じ。という事なのだろう???

どれくらい心配しないといけないかは良く解りませんが、
念のため、ラズベリーの隣のボイセンベリー2本は根から抜いて廃棄。
ちょっと離れていますが、ブラックベリーも2本廃棄しました。

情報は必要ですが、情報が多すぎるのも心配事が増えすぎて問題だなー。
スポンサーサイト

やや不調

那珂川町圃場のブルーベリー
全体としては生育は順調なのだけれど、ダローとスパータンの成長がやや不調。
やっぱり、ノーザンハイブッシュは難しいみたい。

先週、塩谷南那須振興事務所でPH測定していただいた。
測定したのは2ヵ所。
そして結果は、5.23と5.18。
ラビットアイなら問題無いけれど、ハイブッシュではちょっと高すぎる。

そういう訳で本日、ダローとスパータンの畝のみ応急処置。
1株あたりにイオウ50gを、土と混ぜて撒きました。
PH調整_20170830

これで回復してくれると良いのですが?
そして、畑全体には12月頃にイオウを撒く予定。
来年の春にPHが4.0~4.5位になってれば最高かなー。

寒冷紗かけたのに?

今年の夏は猛暑だというので、1週刊ほど前にラズベリーに寒冷紗をかけました。
8月9日は猛暑となり、かけて良かったーと思ったら、暑いのはその一日のみ。
次の日からは、涼しいし寒冷紗の下は暗いしでちょっとがっかり。
おまけに蚊には快適な環境のようで、ラズベリーの管理作業は蚊との戦いとなってしまった。
寒冷紗_20170811

でも、ラズベリーの成長は順調で、少しづつ収穫出来ています。
9月になると収穫のピークとなりそうで、今のうちに営業がんばりまーす。

タイタンとナンタヘーラ

那珂川町圃場のブルーベリーは2シーズン目。
成長は順調だけれど収穫は来年からの予定。
しかしながら、大きさや味はちょっと気になるので、少しだけ花芽を残しておきました。
ラビットアイが収穫時期かなーと思い実を探していると、探す必要の無い大きな実が有りました。
品種はタイタン。
ちょっと早そうですが、味見をしました。
まだ木が若いので味は普通ですが、大きいので食べごたえ十分。
期待しちゃうなー。
タイタン_20170717

そして、ナンタヘーラ。
草刈りをしていたら赤いのが見えたので、近寄ってみるとラズベリーが赤くなってました。
第一号のラズベリー。最初の実のせいもあるけどでっかいぞ。
これがバンバン実ったら凄そうだ。
これも早目の収穫だったけど、甘くて美味しかった。
こっちも期待しちゃうなー。
ナンタヘーラ_20170717

収穫の季節

ベリーが収穫期を迎え畑がにぎやかになってきた。

レッドカラントは畑の宝石。
だけれど、永遠の美しさではなく今だけのもの。貴重な時間を大切にしないといけない。
収穫20170614_1

ブルーベリーはちょっと遅れ気味。
まとまった収穫は来週からとなりそう。
写真は新品種のスージーブルー。
味のバランス良し。そして食感良し。また星の形良し。
スターを親に持つだけに綺麗な形をしている。まさに、ザ・ブルーベリー。
収穫20170614_2

ラズベリーは収穫量も増えてきた。
こちらの宝石はインディアンサマー。香りの良い品種。
収穫20170614_3

忙しくなってきたぞー。

ご案内

プロフィール

ケロ鱒

Author:ケロ鱒
目標は果樹園の開園
ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー・・・
色々作りたい
果樹園には雨蛙やカマキリ等がいっぱい
そんな果樹園が理想

Basic Calendar

<08 | 2017/09 | 10>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事