雨蛙果樹園

ベリー好きのケロ鱒が、果樹園の開園を目指して悪戦苦闘。

Entries

スズメバチトラップ

聞いた話によりますと、
スズメバチは女王蜂のみが越冬して、他はみんな越冬出来ずに死んでしまう。
越冬した女王蜂は、春に暖かくなってくると巣を作る場所を探して活動を始めるらしい。
その活動を始めるタイミングが、春分の日を過ぎてから。
この時期に女王蜂を1匹獲ると、巣を1つ壊滅させるのと同じ意味が有って効果的とのこと。

ということで設置しましたよ。
スズメバチトラップ。
スズメバチトラップ_20170319
自宅周りに2ヵ所。そして那珂川町の圃場近くに2ヵ所。
中の液体は、日本酒1L、ブドウ100%ジュース1L、酢500ml、砂糖800gを混ぜたもの。
混合割合は忘れてしまったので超てきとうです。

本当に獲れるんでしょうかね?
スポンサーサイト

いちじくの定植

いちじくの土づくりをしたのが2月14日。
1ヶ月ほど経ったのでそろそろ定植が出来るのだが、いちじく(特に若木)は寒さに弱いらしい。
そして今日、ちょっと春らしくなってきたし、しばらくは寒く無さそうなので定植することにした。

仕立て方は2通りで、主幹形仕立てと一文字仕立て。
定植時には仕立て作業は無いが、樹間が違ってくるので土つくりの時にどういった仕立てにするか決ておくのは重要。

これは一文字仕立て予定の、手前ドリーミースイートと奥バローネ。
いちじく_20170316_1

それから、これは主幹形仕立て予定のカドタ。
いちじく_20170316_2
その他に早生日本種(蓬莱柿)とビオレ・ソリエスも主幹形仕立てにする。

成長は早いので、順調なら来年の秋に味見が出来るらしいのだが、
一番の強敵はカミキリムシの幼虫、そして2番目は那須烏山市の冬がうまくこせるかどうか?

食品衛生責任者

食品衛生責任者の要請講習会に参加してきました。
これは、今回使用したテキストです。(栃木県のもの)
食品衛生責任者_20170309
将来、食品を加工して販売する為に受けてきました。
まだ加工や販売をするかどうかは決めていませんが、やろうと思ったときにすぐに出来るようにと。
それに聞いていて損は無いですし、那須烏山市で受講できる機会は少ないので。

ブルーベリーとラズベリーの他にグーズベリー、ボイセンベリー、タイベリー、ブラックベリーも少し作ってますし、
いちじくも作り始めます。
梨、梅、プラムは先輩が作っていて、りんごは知り合いが作っているので、地元の果物に不足は無さそうです。
後はやる気と味が問題でしょうか?

塩那台地(えんなだいち)

ブルーベリーとラズベリーの剪定は1月中に終了したので、2月は先輩の梨園で剪定の手伝いをしている。
那須烏山市中山の塩那台地には梨団地というのが有り、梨園の総面積は約17ヘクタールで広大。
塩那台20170222_1

塩那台20170222_2

7件の農家さんが梨園をやっていて、1件あたりの面積は2~3ヘクタール。
農家さんが熱心な上に場所が良い為に、私の手伝っている農家さんの梨はとても美味しいのだが、市場出荷が中心なので那須烏山市民にもあまり知られていない気がする。
特に秋月は美味いのよ。

先輩が剪定するので、棚に誘引するのが私の仕事。
枝は空に向かって伸びるので、その枝を引っ張って棚に誘引するのだが、どんなに慎重にやっても時々ボキッ音がして枝が折れる。これが嫌なんですよー。
作業は早くても3月いっぱいまでは続きそう。まだまだ頑張らないと。

いちじく

ブルーベリーからラズベリーにちょっと浮気して約2年。
今度は「いちじく」にちょこっと浮気。

秋に直売所に置くための果実がほしい。それも出来ればメジャーな果物で無いもの。
考えた結果、候補に考えているのが「いちじく」。
しかしながら、「いちじく」の多くの品種は寒さに弱い。
日本で昔から栽培されている早生日本種(蓬莱柿)は栃木で栽培可能なのは知っていたが・・・・・
それではつまらない。
本やネットで調べても、どの品種が良いのかはいまいち解らない。

なので、山陽農園に直接電話。
栃木県で栽培したいこと、販売先は直売所で・・・・・等を話して、品種選定はおまかせしました。
そして5本ほどを注文。

で、本日届きました。
左から
早生日本種(蓬莱柿)、カドタ、ドリーミースイート(イスラエル)、バローネ、ビオレ・ソリエス
いちじく_20170129

庭の端のほうに植えて3~4年様子見。
うまく栽培出来そうだったら増やそうかなー  っと。